HOME


池田創価学会の軌跡 (会長就任から正本堂破壊まで)

「南無妙法蓮華經」を商標登録出願、言論出版妨害事件、本尊模刻、月刊ペン事件、北条文書
共産党宮本委員長宅電話盗聴事件、墓苑事業に絡む脱税疑惑、宗門批判のための写真偽造
ニセ本尊発行、宗教家としての資質を疑う反社会的事件の数々 池田創価学会の云う正義とは
いったい何であろうか。


牧口常三郎 初代会長の獄死







小樽問答1

小樽問答2

小樽問答3

小樽問答4







昭和36年
池田会長スピーチ


















昭和40年
池田会長スピーチ







昭和46年
池田会長御義口伝講義

























創価学会法論大惨敗:
無知との遭遇(真実版)1


創価学会法論大惨敗:
無知との遭遇(真実版)2


創価学会法論大惨敗:
無知との遭遇(真実版)3


創価学会法論大惨敗:
無知との遭遇(真実版)4


創価学会法論大惨敗:
無知との遭遇(真実版)5


創価学会法論大惨敗:
無知との遭遇(真実版)6


創価学会法論大惨敗:
無知との遭遇(真実版)7





ニセ本尊悩乱の極み

学会3世金本照美氏1

学会3世金本照美氏2

学会3世金本照美氏3

学会3世金本照美氏4

学会3世金本照美氏5

学会3世金本照美氏6

学会3世金本照美氏7



戸田城聖 第2代会長出獄
昭和35年5月3日 池田大作 創価学会第3代会長に就任
昭和37年9月 創価学会
池田会長
「南無妙法蓮華經」を商標登録
出願するも拒絶される
昭和39年11月17日 創価学会
池田会長
公明党を結成

昭和42年10月12日

日蓮正宗 正本堂発願式

昭和45年

創価学会 言論出版妨害事件 矢野証言
昭和46年4月1日 創価学会
池田会長
創価大学設立
昭和47年4月 日蓮正宗
日達上人訓諭
正本堂は、一期弘法付属書並びに三大秘法抄の
意義を含む、現時における事の戒壇なり。
即ち正本堂は、広宣流布の暁に本門寺の戒壇
たるべき大殿堂なり。
但し、現時にあっては、いまだ謗法の徒多きが故に、
安置の本門戒壇の大御本尊はこれを公開せず
、須弥壇は蔵の形式をもって荘厳し奉るなり
昭和47年8月 創価学会
池田会長
再び
「南無妙法蓮華經」を商標登録出願すろも
正佼成会の意義申立により拒絶される
昭和47年 池田会長 アーノルド・J・トインビーと対談

昭和47年10月11日


日蓮正宗 大御本尊御遷座
昭和47年10月14日 日蓮正宗 正本堂落慶
昭和49年5月 創価学会 北条文書

「長期的に見れば うまく別れる以外に無いと思う。
本質的にはカトリックとプロテスタントような
違いである。」


昭和50年1月

創価学会
池田会長
摸刻本尊の開眼法要

昭和50年7月

創価学会 松本清張氏の仲介により
創共協定

昭和51年


創価学会
池田会長
月刊ペン事件 矢野証言
昭和52年1月 創価学会
池田会長
本部幹部会
もはや御本尊は全部同じです。
どの御本尊も同じです
教義逸脱52年路線

■創価仏法の原点は戸田会長の獄中での悟達
■唯授一人の血脈の否定・大聖人直結
■『人間革命』は現代の御書
■池田会長は主師親三徳、大導師久遠の師
■寺院は単なる儀式の場、学会の会館は広布の道場
■供養は在家でも受けられる
昭和53年1月 創価学会
池田会長
本尊模刻事件発覚

昭和53年2月9日

日蓮正宗
日達上人
創価学会の教義逸脱路線の根源を指摘

昭和53年2月22日

日蓮正宗
日達上人
池田会長に日蓮正宗信徒の基本を
徹底するよう指南

昭和53年6月29日

日蓮正宗 創価学会からの教義逸脱是正文書を公表

昭和53年6月30日


創価学会 「教学上の基本問題について」
(教義逸脱を是正)を発表
昭和53年11月7日 創価学会 詫び登山
昭和54年4月24日 創価学会
池田会長
会長を辞任し名誉会長となる

昭和54年4月26日


創価学会
池田名誉会長
法華講総講頭を辞任し名誉総講頭となる

昭和54年5月3日


日蓮正宗
日達上人
52年逸脱路線問題を収束宣言
(創価大学体育館
昭和55年4月2日 創価学会
池田名誉会長
恩師の23回忌に思う」で、
52年路線教義逸脱を反省
日蓮正宗を離れて創価学会は永遠にありえな

昭和55年


創価学会 共産党宮本委員長宅電話盗聴事件
昭和5511月26日 日顕上人 創価学会創立50周年記念
幹部登山において御指南
■僧俗及び2つの法人の関係に対する認識
■指導者中心のあり方
■教学研鑽の基本姿勢


昭和59年
1月2日

創価学会
池田名誉会長
日顕上人より
法華講総講頭に再任

昭和59年
4月


創価学会
池田名誉会長
アーノルド・J・トインビー博士の孫娘
ポリー・トインビーを日本に招待し対談
昭和59年5月 ポリー・トインビー 英紙『ガーディアン』で池田名誉会長を酷評

平成2年7月17日

創価学会
日蓮正宗
宗門との連絡会議の席上
宗門と学会の対立表面化

平成2年10月12

日蓮正宗 大石寺開創700年慶讃大法要
『大本門寺の寺号公称は広宣流布の未来にある

平成2年11月16日

創価学会
池田名誉会長
創価学会第35回本部幹部会
において、宗門批判
平成2年12月13日 日蓮正宗 創価学会との連絡会議の席上、
池田名誉会長の11月16日のスピーチについての
『お尋ね』文書を学会に提出する。


創価学会
「出所不明のテープを元にした文書は
受け取れない」と受け取りを拒絶

平成2年12月15日


日蓮正宗 創価学会へ『お尋ね』文書を発送

平成2年12月24日

創価学会 『お伺い』文書を発送

平成2年12月27日

日蓮正宗 池田名誉会長を総講頭罷免
平成3年1月4日 創価学会 聖教新聞』紙上で宗門批判開始

平成3年2月26日

創価学会 「友人葬」始める

平成3年10月頃


創価学会 日顕上人退座要求署名運動を開始

平成310月21日

日蓮正宗 創価学会へ『通告文』を発送
学会葬などの化儀破壊行為を改めるよう通告

平成3
11月7日


日蓮正宗 創価学会へ解散勧告

平成311月28日


日蓮正宗 創価学会及びSGIを破門

平成4年7月4日

日蓮正宗 池田名誉会長を信徒除名処分
平成4年9月 日蓮正宗
ヒロエ・クロウ
ロサンゼルス上級裁判所
クロウ裁判
ヒロエ・クロウ
の訴えを却下
平成5年5月1日 創価学会
日蓮正宗
「芸者写真」偽造事件 平成15年12月5日
創価学会敗訴

平成5年5月5日

創価学会
池田名誉会長
曼荼羅それ自体は、物体という側面からいえば
永遠不滅ではありえない。(中略)いずれにしても、
大聖人の仏法の真髄である『久遠元初元初の法』
を根本としてこそ、永遠の妙法流布の道が開ける。
平成5年9月 創価学会
池田名誉会長
戒壇の大御本尊はただのモノ
信心の二字の中にしか本尊はないんです。
本門戒壇の板御本尊、なんだ寛尊、
信心の中にしか本尊はないんです、ただのモノです。
一応の。機械です。幸福製造機だもの。
平成5年9月 創価学会 ニセ本尊と取替開始

創価脱会体験
猛毒!ニセ本尊

平成10年4月5日


日蓮正宗 奉安殿に大御本尊御遷座
平成10年5月 日蓮正宗 正本堂解体
平成12年2月 創価学会員
日蓮正宗
正本堂御供養返還裁判 平成17年7月8日
創価学会側39訴訟全敗
平成14年1月 創価学会
日蓮正宗
「シアトル裁判」和解 創価学会実質敗訴
平成17年5月 創価学会
矢野潤也
黒い手帳事件 平成21年3月27日
創価学会側
平成20年9月 創価学会
高倉良一
日記持去り事件 係争中
inserted by FC2 system